代行システム

固定電話

2つのサービス

外部から掛かってくる顧客の電話を、会社に代わって専属のオペレーターが応対してくれる、それが電話代行サービスです。電話代行会社によってサービスの内容はそれぞれ異なりますが、顧客の名前や電話番号などの連絡先、用件などを承り、メールや携帯電話などに連絡してくれるのが一般的です。また、外出する際は、会社保有の電話を使用すれば転送設定が簡単にでき、さらに留守中に会社に電話が掛かってきたときは、自動的に電話代行のオペレーターに繋がるようになっています。このようにオフィスが不在になったときや、大切な商談をしているときに掛かってきた電話を、代行して受けてくれるのが電話代行の魅力と言えます。多くの代行会社で様々なサービスを提供していますが、代行会社が提供しているサービスは大きく2つに分類できます。そのひとつが、オフィスに掛かってきた電話の応対で、電話代行のサービスと電話秘書の仕事があります。その2つのサービスによって、外部から掛かってきた電話を転送してくれているのです。そしてもうひとつは、求人や広告、会社が提供している商品などの問い合わせを代行してくれるものです。このサービスは、受注代行やコールセンター代行などが一般的であり、コールセンターがある会社も少なくありません。受注代行やコールセンター代行サービスでは、他の電話番号を用意することが多いです専用の電話に掛かってきた通販や求人の問合せや、相談のクレームなどを専属のオペレーターが応対してくれます。

Copyright© 2018 総務の業務はアウトソーシング会社に依頼【業務改善を見込める】 All Rights Reserved.